文系・理系なんて仕事するうえで関係ない

文系・理系

「文系」、「理系」。このくくりってなんなんでしょう。

国語や英語が得意な人は文系、理科や数学が得意な人は理系。実際は、理科・数学が得意なら理系に、そうでないなら文系に進むことが多いのかな。

 

高校の2年生のときだったと思いますが、ぼくも普通科高校に通っていたため、「文理選択」をしました。

 

ぼくは理科、数学が大のニガテで、根っからの文系人間だと自負しております。

にもかかわらず、当時仲の良かった友達からの一言、「一緒に理系行こうよ」から理系に進むことに。

 

理科、数学がニガテであるにも関わらず、理系に飛び込んでいくというなんとも愚かな行為。まあなんとかなるっしょという軽い気持ちと、なんとなく理系のほうが進路選択が広そうだと思い、選択しました。

 

高校の数学は、ほぼほぼ真っ白い紙に2、3行問題文が書いてあって、その下に自分で解答を書いていくというスタイルでした。

そのため、数学のニガテなぼくは白紙で提出するハメに。200点満点中60点ぐらいしか取れなかった記憶があります。

 

物理も大のニガテで、100点満点中9点の過去最低点を記録したことは今でも鮮明に覚えています。

 

進学における、文系・理系

高校でニガテながらも理系に進んだのはある意味正解でした。なぜなら、同じランクの大学でも理系のほうが入りやすかったから。

センター試験600点の実力で、学部関係なくA大学に入るとしたら、理系では5学部合格ライン、文系では2学部合格ライン、みたいな感じでしょうか。

 

また、田舎の進学校だったので、金銭的な理由から授業料の安い国公立大学に進学するのがいいみたいな風潮があり、そういう点で理系のほうが進路選択が幅広いというのは正解でした。

理系で最下位に近い成績ながら、地方国立大学に進学することができましたから。

文系で、最下位だったら、国公立大学進学は厳しかったと思います。

 

あくまで同じ成績なら、文系より理系のほうがいいかもっていうことです。学部関係なく進学するとしたら。

 

就職における、文系・理系

大学は農学部に進学しましたが、コース選択の際には高校での反省を生かし、農業経営というどちらかというと文系分野を選択しました。

情報、物質、機械などのガチガチの理系と比べて、農学部は割と幅広い分野の勉強ができたため、理系をニガテとするぼくでもなんとかやっていくことができました。

 

しかし、就職の際に文理の壁にぶち当たることになります。

農業経営というどちらかというと文系分野を専攻していたことで、就職先も文系、具体的には営業や事務の仕事しかありませんでした。

 

企業の技術職だって、表向きでは全学部全学科を採用しますと言っているものの、現実は厳しく、技術職を志望しても内定を得られることはありませんでした。

当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。

 

文系の就職先は、営業・事務がほとんどだといっても過言ではありません。

メーカー営業、商社営業、銀行員、公務員、団体職員などが主な就職先です。

 

文系で営業や事務がしたくない人にとってはなかなか厳しい。

世間は、理系のために動いていると言っても過言ではないと感じました。

 

仕事における、文系・理系

営業を4年経験しただけのペーペーが言うのもなんですが、仕事において文系・理系が関係することってそうそうないんじゃないかと思った次第です。

当然、その分野で仕事がデキる人っているのはごまんといるわけで、いまさらぼくがジョブズになんてなれるわけがない。ただ、仕事は細かいタスクの積み重ねで、やろうと思えば誰だってなんだってできる。ジョブズが革新的は技術を生み出すためにプログラミングをしていたとしら(わかんないけど)、ぼくに仕事のタスクとしてプログラミングができないわけではないだろうし、免許はないけど、人間の体の手術だってやろうと思えばできる。そう思った。

どの職に就くかを、文系・理系の価値観で決めてしまうのはどうも納得がいかない。

文系で営業がニガテな人だっているだろうし、理系で研究職についたのに、性に合わない人もいるだろう。

 

学校における文系・理系と、職場における文系・理系は関係ない。

そんなことより、やりたいことベースで仕事を考えるほうがいいんじゃなかろうか。

 

 

サラリーマンはいつでも会社を辞めることができる

 

本日をもって、新卒で4年勤めた会社を退職しました。

 

なんだかすがすがしい気持ちなのは、嫌いな仕事を我慢してやっていたからなのかな。

大した仕事もしていないのに、花束までもらってなんだか申し訳ない気分。

そういうのって苦手で、さっさと帰りたいタイプなんですが。

 

会社を辞めてみて感じることは、サラリーマンはどこまでいっても会社にとってコマの一つであることに過ぎないということ。

偉い人だって、仕事ができる人だって、ぼくみたいなペーペーだって、イチ社員であることに変わりはなく、会社から言わせれば、代わりはいくらでもいる。

 

「辞めます」といった後には、かならず代わりの人が現れるんだから。

 

「自分にしかできない仕事を」とか言うこともあるけど、仕事なんてよほど特殊なものでなければ大抵の人はこなすことができるだろうし、必ずしもズバ抜けた結果を出す必要もない。トップにならなくたって食っていくことはできる。

 

そういう意味でもっと仕事に対して柔軟な感覚を持つべきだし、どうせするなら自分がやりたい仕事をするほうがいい。と、辞めた今思う。

 

「就職したら3年は我慢すべき」とか、「すぐ辞めたら辞めグセがつく」とか言われることもあるけど、無理してやりたくない仕事を続ける意味は全くない。

 

代わりの人間はいくらでもいるから、辞めたいと思ったら辞めればいい。それくらいのスタンスで仕事に取り組むべきだ。

辞めると周りの人に迷惑だと思う人は、自分が会社にとって重要な人物だと思い込んでいるに過ぎない。

 

辛い仕事を何十年も続けて、辞めるに辞めれない状況に追い込まれる前に、自分の好きな仕事をすることと、会社が潰れたときの準備をしておくことが大切だ。

 

もし、今の仕事が辛くて仕方ないという人がいるのなら、ほんの少しの勇気をもって、「辞めます」と伝えましょう。

 

代わりはいくらでもいる。

 

 

 

 

とりあえず100記事なんて気にしなくていい

100記事達成

ぼくが最初にこのブログを書いたのは2016年12月15日。今日、2017年3月22日に記事数が101になりました。

振り返ってみると、あっという間でした。3か月で100記事なので、だいたい1日1記事ペースで書けているということですね。

なにはともあれ、ブログを始めた当初のプチ目標であった100記事達成できたのは、ひとつ自信になったと思います。いつも読んでくれているみなさま、本当にありがとうございます。

 

とりあえず100記事ってなんで?

100記事到達した今思うことは、とりあえず100記事にはどんな意味があったんだろうということです。

よく言われるのが、ブログを始めたならとりあえず100記事書こう!みたいなこと。

ブログを書く目的は人それぞれだと思います。ブログで稼ぎたい、自分の体験をブログで共有したい。ブログを通して人とつながりたい。

書くからには何かしらの目的があるわけですね。

とりあえず100記事は、主にブログで稼ぎたい人に向けたアドバイスなんだろうと思う。ブログで稼ぐには、膨大な記事数とアクセス数が必要になってくるので。

結局、ブログは継続力が必要なんだよという代わりに、とりあえず100記事書いてみようと言っているだけだ。

実際に100記事書いたところでぜんぜん稼げることないので、とりあえず100記事書けに大した意味はないということです。

 

数よりも、自分がブログを書いてどうなりたいのかのほうが重要

稼ぎたいのか、人とつながりたいのか、楽しみたいのか。なんでもいいんです。

稼ぐなら、100記事じゃ足りないし、楽しむなら1記事でもいい。

無理に100記事に縛られる必要はなく、大切なのは自分がブログを書いて実現したいことは何なのかを決めておくこと。

そうすればおのずと継続できるし、ほっといてもそのうち100記事は到達するから。

 

楽しまなくちゃ

100記事到達!みたいな記事を読んだことがあるので、ぼくもこのテーマで書いてみたんですが、全く書いていて楽しくない。

無理に書こうと思っても、結局自分の頭の中で考えていることしか書けないわけで。

何にも縛られずに、書きたいと思ったことを気の向くままに書くのが一番楽しい。

 

というわけでおしまい。

ではまた。

 

 

音声入力アプリDragonDictationを使えば、ブログが書けないなんてことは絶対になくなる!

音声入力アプリってどうなの!? 

文字入力が苦手なサラリーマンなどに最適、音声入力アプリが神ってる! - ようへいスタイル

昨日ネットサーフィンしていたら、こちらのエントリで面白いアプリの紹介を見つけたので、実際に使ってみました。

 

音声入力アプリDragonDictation

Dragon Dictation

Dragon Dictation

  • Nuance Communications
  • ビジネス
  • 無料

 

実は音声で文字入力できるアプリがあることは知っていて、なんとなく気になってはいたんです。

 

続きを読む

退職のときに社会保険料が2か月分控除されることがあるので注意!

 

いよいよ退職間近、日々フワフワした気持ちで過ごしております。

 

今の会社から給料がもらえるのもあと少しなんだなーなんて思いつつ、今月の給与明細に目を通すと、手取り額の少なさにびっくり!

 

そりゃあもう驚きの金額でした。バイトかよって言いたくなるくらいの額。

だれかの給与明細と間違えられたかと思ったし、なんか悪いことして減給されたのかとも思った。でもとくに思い当たることはなし。

 

明細に目を通してみると…

 

2月

f:id:highnote4790:20170321230125p:plain

 

 

3月

f:id:highnote4790:20170321230059p:plain

 

介護保険料、厚生年金の額が2倍、住民税に至ってはなんと3倍の額が控除されているではありませんか!?

 

 

 社会保険料(ここでは、健康保険料・厚生年金保険料)の、給与からの天引きにはいくつかのルールがあります。細かい途中の話をすっ飛ばして、実務的に重要な点は次のようになります。
(1)社会保険料は、月を単位として発生し、月の途中で入社や退社をしても、日割計算はない。
(2)月末に在籍していれば、その月の分の社会保険料が1ヶ月分かかる。
(3)給与から天引きできる保険料は、前月分に限られる(健保法167条、厚年法84条)。
(4)ただし、例外として、月末退職の場合には、前月分と当月分の保険料を控除することができる。

 月末退職で、社会保険料が2ヶ月分控除されるケース

 

調べてみると、どうやら会社が間違えているわけではなく、ぼくが悪いことをしたわけでもないらしい。

 

社会保険料(健康保険・厚生年金)は、月単位で発生し、月末退職の場合には、前月分と当月分の保険料が控除されることがあるらしい。

 

ぼくの場合、3月分給与の社会保険料は、2月分と3月分の2か月分が控除されてことになるのかな?

住民税に関しては、5月分までの3か月分を一括で納付しているとのこと。

 

なんとなーく分かった。

 

ともかく、月末退職の場合に社会保険料が2か月分控除されるのは、間違いではないらしい。初めての退職で、ぼくが無知なだけだった。

 

退職月や、会社の決まりによっても異なる部分はあると思いますが、こんなことがありましたーってことをお伝えしたかったんです。

 

レッツ退職!

 

 

残業しなくて当たり前、残業代はもらって当たり前

残業代が入ったんだけど…

ぼくの職場は、先月の2月がいわゆる繁忙期でして、通常業務に加えて特別な業務をこなす必要がありました。

それゆえ通常の勤務時間内に仕事が終わらないことが多く、残業もある程度しなければなりませんでした。

忙しい時期も無事に乗り越え、同僚と給与明細を見ながら、

「残業代入ったから、今月の給料多いわー」などと言いながら給料の話をしていたのですが、そこでとある先輩にこう言われたんです。

「残業代つけてくれた上司に感謝しなきゃな」

 

その瞬間、ぼくは言葉を失いました。

何言ってんのかわかんない。

 

残業代なんて支払われて当たり前

おかげさまで先月は、業務時間内にこなせないほどの仕事があり、時間内に終えることができないためやむを得ず、残業をしました。そしてその対価として残業代が振り込まれました。残業するほど忙しかったのはありがたいことです。感謝してます。

それにしても、残業代をつけてくれた上司に感謝するという意味が全く分からない。

通常業務に加えやるべき仕事があり、上司も残業することを承認してくれた、そして残業代が振り込まれた。これは至極当然のことである。

もっというと、まっとうな残業をした部下の残業代を上司がつけるのは当たり前だ。

上司は、業務終了後すみやかに部下を退出させなければいけないし、残業の必要性について判断し、指示を出さなければならない。もし、恒常的に残業が発生しているようなら業務改善の指示も出さなければならない。

ここらへんのことは、会社の内規にも記されているごくごく当たり前のことである。

にもかかわらず、恒常的に残業が発生し、残業代が未払いで、上司が業務改善の指示を出さないとすれば、そんなの上司の職務怠慢じゃないですか。仕事しろよ。

 

意識を変えていくしかない

たぶんその先輩にとって、残業して当たり前、かつ残業代は支払われなくて当たり前なのだ。残念ながら、このような間違った感覚をもった人が非常に多いなと感じる。みなさんの職場にもいるんじゃないですか?業務終了後も一向に返ろうとしない人。

百歩譲って本当にするべきことがあるのならいいんですけど、最低限、時間内にできるだけ早く終わらせる努力をしましょうよ。

出勤時間には厳しいのに、退勤時間にはなんでそんなにルーズなの?

定時過ぎたのに、なぜか新しい仕事始めるヤツとかね。ただ単に家に帰りたくないとしか思えない。夫婦ゲンカでもしてんの?

毎日遅く帰ってたらそりゃケンカもしますわな。

こういう感覚は職場の中で伝染するのが恐ろしいところ。

立場が上の人が長時間労働してたら、ペーぺーのほくらは仕事が終わってもなんとなく帰りづらいし、残業代なんて払いませんよって言われたら、なかなか反論できるものではない。

だから少しづつ意識を変えていきませんか。

 

・残業はしない

・残業するなら残業代を支払ってもらうのは当たり前

・恒常的に残業が発生しているようなら、時間内に終わるように業務を改善する

 

一人づつ、少しづつ。

 

 

 

みんな一度は一人暮らしするべき

一人暮らしいいよ

f:id:highnote4790:20170319234237j:plain

 

どうもこんにちは。

奥さんが実家に帰っており、少しの間一人暮らしをしております。

大学生のとき以来の一人暮らしで、なんだか懐かしい感じです。

これから就職や進学、転勤などで一人暮らしを始めるよっていう人もいるんでしょうか。今からドキドキですね!

逆にこれまで一度も一人暮らしをしたことのない人もいますか?

ぼくは、みんな一人暮らしを一度は経験するべきだと思うんです。

 

人はいつか一人になる

家族で支え合って生きていくという考えはもちろん大切です。一人では生きていけないこともわかってます。でも忘れてはならないのが、人間いつか一人になるということです。

今あなたの周りには、たくさんの友人や家族がいることでしょう。

だけどそれはいつまでも続くわけではなくて、いつか一人で生活しなければならない時が来ます。子どもは親元を離れていくし、夫婦でさえも最終的にどちらかが先に死にます。

そうなったときに、メシが作れない、掃除ができないなんて言っている場合ではありません。

仕事よりも何よりも、一人で生活していく力は、一番に身に着けておくべきスキルだと思います。もちろん男女関係なしにね。

 

本当の意味で自立できる

いい大人になって、親に何か言われると、「いちいちうるせーな、ほっといてくれよ」ってなりませんか?

これは自分は自立していると思い込んでいるからこそ出てくる感情です。残念ながら、親と同居している限りは、親になんと言われようと従う以外に方法がありません。

うちは特に厳しくて、ぼくは小学校の時にテレビゲームを買ってもらえなかったり、携帯電話を学生のときに持たせてもらえませんでした。妹は、大学生になっても門限があり、日々親とケンカしてました。

こういう不満みたいなものはどこの家にもあるんだと思いますが、文句があるなら、さっさと家を出ていけということに尽きます。

親に何かを頼っている限りは、親に文句を言える立場にありません。

肉体的にも、精神的にも、金銭的にも、親から離れて初めて一人前になったといえるのではないでしょうか。

 

人のありがたみがわかる

自立して一人で生活するようになると、人のありがたみが分かるようになります。

毎日3食ご飯を作ってくれた母のありがたさ。

夜遅くまで毎日働いて、学費を払ってくれた父のありがたさ。

野菜やコメを作って、食べさせてくれた祖父と祖母のありがたさ。

登下校中にいつも見守ってくれた地域の人のありがたさ。

一人暮らしでは、

毎日3食自分で用意しなくてはいけない。

働いて生活費を稼がないといけない。

スーパーに買い物にいかなくてはいけない。

学生で親の援助を受けてたとしても、一人で生活すればこれくらいのことは十分理解できるし、理解しておくべきだと思います。

 

と、いつもながらまとまりのない文章になりましたが、

一人暮らしするといろいろ勉強になっていいよってことでしたー。