読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Googleアナリティクスでどのページが何回見られているかを確認する方法

自分のブログと向き合ってみよう

ブログやってる以上、できるだけたくさんの人に自分の書いた記事を見てもらいたいものです。

とりあえず記事を書くものの、一向にアクセス数が伸びない。

こんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

 

ロクでもない記事ばかりだけど、ぼくのブログももうすぐ100記事到達しそうなので、ここらでどんな記事がよく読まれているかを調べてみようと思います。

よく読まれている記事の傾向をつかみ、今後に活かしていけばいいんじゃないかなということで。

 

続きを読む

退職間際になって気づいた、人と人とのつながりの大切さ

人と人とのつながり

もうすぐ今の職場を退職するため、担当しているお客さんに挨拶しに行ってます。

そこで驚いたのは、ぼくがやめることを寂しがってくれるお客さんがいるということ。なかには涙を流しながら「寂しくなるなぁ」と言ってくれるお客さんもいた。

これは本当に光栄なことで、これまでやってきて良かったと心から思いました。

本当にありがとうございます。

と同時にちょっぴり複雑な気分。

 

そもそも営業職が大嫌い

そもそもぼくは営業の仕事が大嫌いだ。仕事の内容を好き嫌いで決めつけるのもどうかと思うが、間違いなく自分に向いていないと思うし、今でも大嫌いな仕事だ。

昔からお客さんに商品を売るという仕事に価値を見出せなかったし、就職活動のときにも営業職だけには就きたくなかった。

消費者は100%自分の価値観で商品を選ぶから、営業職なんて仕事はこの世に必要ないと思っていた。

自分がいいと思わないものはお客さんもいらないと思い込んでいた。

お客さんに自分の売りたいものを進めるのは迷惑なことだと思っていた。

そんな思いをもったまま、営業職についた。

 

仕事から逃げ、人からも逃げた

そんなぼくが営業職をつづけたもんだから、結果は散々なものだったし、仕事も人と関わることもますます嫌いになった。

ノルマから逃げ、営業から逃げ、お客さんから逃げ、勝手に人間不信になっていった。

 

そもそも仕事は、人と人とがすること

営業の仕事は難しくて、自分がどのようにお客さんと接したらいいかわからないことがある。自分自身がお客さんに対して、いち営業として接しているのか、いち人として接しているのか。

どれだけ気の合うお客さんでも、営業として商品を買ってもらえないこともあるし、まったく気の合わないお客さんに、たくさん商品を買ってもらえることもある。

どちらにせよ大切だったのは、まず人としてお客さんと接すること。

それだけは大切にすべきだった。

 

これから先

どんな仕事をするにしろ、仕事は絶対に人と人とのつながりによって成り立つ。

これは絶対に忘れてはいけない。

どんなお客さんにも、まず人として全力で向き合っていく。

 

そんな気持ちになりました。

 

 

本が嫌いなあなたでも、きっと読書が好きになるよ

電子書籍のおかげで読書が好きになった 

 

f:id:highnote4790:20170316001030j:plain

 

 これまで読書というと、小学校の時にハリーポッターシリーズを全巻読んだぐらいです。

 

それ以降はあまり積極的に読書をすることはありませんでした。よっぽど暇でそこに本があったらするかなって感じで、わざわざ欲しい本を買うとか、図書館に行くというような習慣はなかった。

 

そんなほくですが、最近読書をするようになりました!

 

一つ目の理由としては、会社を辞めて自分の力で生きていこうと思ったこと。

それにあたっては、正直まだまだ自分自信の力不足を感じているわけで、なんとか先人の知恵をお借りして、自分を高めていかなければということで読書を。

 

二つ目の理由、それがこの記事のテーマなんだけど、電子書籍が素晴らしいってこと!

遅ればせながらぼくもキンドルという電子書籍を使うようになったんだけど、そのメリットっていったらすごい!

 

電子書籍のメリットデメリットっていろいろ言われてるけど、合う合わないは人それぞれなんで。ただぼくにとってはすごいメリットがあったよ!ってこと。

 

もしまだ電子書籍を使ったことのない人がいたら、ぜひオススメしたいの。

 

続きを読む

朝早く起きれないからって、自分はダメなヤツだと思わなくていい

そもそもなんで朝早く起きなくちゃいけないの?

 

f:id:highnote4790:20170315131254j:plain

 

ぼくは親に朝早く起きなさい!ってずっと言われ続けて育ってきたし、早起きは三文の徳っていう言葉もあるように、なぜだか知らないけど、早起きはいい!絶対に早起きすべきだ!っていう風潮が世の中にはある気がする。

 

だけどこういうふうに言われることは、朝早く起きられない人にとっては苦痛だ。なんだか朝早く起きれない自分を否定されているような気分になる。

 

続きを読む

病気で会社を休んだからって、菓子折り持ってくるの禁止な

 

f:id:highnote4790:20170315005250j:plain

 

インフルエンザにかかり、1週間会社を休んだ同僚。

 

べつにいいじゃないですか。インフルになったら出勤停止だし。本人もかかりたくてかかったわけじゃないし。予防接種だって受けてたし。

 

インフル菌イッキ飲みとかしたわけでもないだろうし。本人に悪意はない。

 

その人が休むと、ほかの人の仕事が少しは増えるかもしれない。可能性としてはあるだろう。だけど、そんなんお互い様じゃないですか。会社で働く以上、みんなで協力して仕事をするのは当たり前。

 

「ご迷惑おかけしました」って言ってくれるのはまあいい。そういう気づかいは人間関係を円滑にするし、必要だよね。

 

むしろ、1週間休んだことに全く触れず、何食わぬ顔で普通に出勤して普通に仕事してくれてもいい。それでも全然かまわない。

 

 

続きを読む

ニートの過ごし方

有給消化中のニート予備軍です

 

f:id:highnote4790:20170314230735j:plain

 

あんなに嫌だった出勤をしなくてよくなり、晴れ晴れとした気分で有給消化をしております。1日の時間を自由に使える反面、気を引き締めて過ごさないとどんどん堕落していきそうで怖い。

 

人間不思議なもんで、同じ休日でも、会社に勤めているときと、会社を辞めたあとではそれに対するモチベーションが全然違います。

 

会社勤めしているときは、休日!サイコー!って感じだったんだけど、

有給休暇中の休日は、ああ、明日も休みかぐらいの軽い感じ。

 

会社に行かない日を、何もしない日にしてしまうとあまりよろしくない。

人間、休日ばかりでメリハリがないと何もやる気が起きなくなる生き物なんだということを実感しつつある。

 

ということで、自分への戒めの意味も込めて、会社に行かない日の過ごし方の注意点をまとめてみよう。

 

続きを読む

金目的のブログは長続きしない

ブログが書けない

 

f:id:highnote4790:20170314114715j:plain

 

こんにちは。

 

タイトルの通りなんですけど、ブログが書けません

書くことが思い浮かばないし、書く気力もない。あれ?

 

つい最近までは、書きたいことが山ほどあって困るぜー!っていう興奮状態だったのに、今日になってまるで賢者モードのよう。

 

あれ、そもそもなんでブログ始めたんだっけ?とさえ思ってしまった。

 

そもそもなんでブログ始めたんだっけ?

 

それは思い返してみると、ブログで稼ぎたいという理由だった。

 

会社勤めに消耗していたぼくはある日、ブログで生計を立てているプロブロガーの存在を知る。会社に行かないで、好きな場所で好きなことを書き、お金を得る、こんな夢みたいな生活をしている人がいるとは!すげえ!

 

と思うと同時に、ぼくも同じようにブログを書いて情報を発信し、お金を得たいと思ったことがキッカケ。

 

それからというもの、1日1記事更新を基本に、とにかくブログを書いてみようと思ったわけです。

 

どうして書けないの?

 

ブログを始めた当初は、とにかく勢いで書いた。

 

内容なんてどうでもいい、自分の思いのたけをぶつけてやる!という勢いだけだった。

 

そのころの記事は文章も内容もめちゃくちゃで、今読み返すと顔から火が出そうなくらい恥ずかしいものだが、書いていて楽しかったことは覚えている。

 

それが今はどうか?

 

正直書いていて楽しいとは思わない。ブログを書かされている状態。

 

何を隠そうこの記事も、なんか書かないとと思ってPC起動したしね。

 

稼ぐために書くブログは長続きしない

 

ブログで稼ぐことは決して簡単なことではない。

 

稼ぎたいと思う一心でブログを続けて、稼げないことが分かったら、そりゃ誰だって書きたくなくなるよ。

 

楽しまなくちゃね

 

何事もそうだけど、楽しむことが一番大切なんだってことを実感した。

 

ブログってそもそも、好きなことを、好きなときに、好きな場所から発信するもんだよね。

 

そんな感じで書いていけたらなーと。