読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保険営業マンのぼくがおすすめする賢い保険の選びかた

自分が加入している保険の内容を知らない!?

f:id:highnote4790:20170303193948j:plain

 
ぼくはサラリーマンで、保険の営業をしています。
これまで営業をしてきて、自分の加入している保険の内容を理解していない人の多さにはびっくりします。
この状況、ヤバいと思いませんか?
よくわからないものにお金払うって、意味不明です。
 
ましてや保険商品は、掛け金も高額になるケースが多いです。例えば、月5000円の生命保険に20歳で加入して、60歳まで払い込むとすると、掛け金総額は240万円です。
 
実は保険に加入するって、家買うとか、クルマ買うのと同じぐらい大変なことなんですよね。
 

営業マンに勧められるがままに加入することの危険性

就職した会社に営業マンがきて、とりあえず勧められた保険に入った、みたいなケースもあるみたいです。ですが、そもそも保障の必要性、必要な保障額は、ひとりひとり違うので、衝動で加入すると、将来的に後悔することになるでしょう。
 
ぼくも、独身のとき月々1万円を60歳まで払い込む個人年金保険に(ノルマがあったので仕方なく)加入したのですが、結婚して生活スタイルが変わった今、月々1万円の掛け金を負担に感じています。
もし今解約すると、2~3万円ほど損してしまうため、解約できずにいます。後悔。
 

「保険見直しショップ」が流行る理由

最近、来店型の保険見直しショップって流行ってますよね。大型ショッピングモールに行くとよく見かけるやつです。見直しショップに行くと、あなたの現在の保障内容について丁寧に説明してくれます。そのあと、保障の見直し、もしくは追加の保障をおすすめされるでしょう。
 
見直しショップを悪くいうわけではありませんが、それだけ自分の保険について知らない人が多いということでしょう。
わからないまま放っておくよりは、見直しショップに行ってみるのもいいかも。
 

じゃあどのように選べばいいの?

専門用語をある程度理解する
「保険ってなんだかむずかしくて」っていう人が多いですが、そういう人に限って営業マン任せで自分で理解することをしません。あげく、損をする可能性が高くなります。最近はネット検索があるんでわからない用語はできるだけ調べてみてください。受け身ではいけません。
 
パンフレットや、約款{(やっかん):細かい決まりごと}も難しいからといって読まない人が多いですが、これも危険です。保険契約は、約款に基づいて結ばれます。それなりに分かりやすく書いてくれている部分もあるので、必ず目を通してください。これは保険金の支払い対象外ですよっていう項目も、ちゃんと約款に書かれています。あとで、知らなかったなんて言われても困ります。
 
あくまで任意保険であるという意識をもつ
保険は絶対入らないといけないものではありません。たいていの人は国の公的保障にすでに加入しているからです。民間の保険は、国の保障を補うものです。まず自分の加入している公的保障について理解してから、不足部分の加入を検討しましょう。クルマに例えると、自賠責保険(強制保険)で不足している保障を補うために任意保険に入ります。「個人年金保険」であれば、国民年金、厚生年金で将来いくらもらえて、どのくらい足りないのか、を考えて加入します。「医療保険」なんかもわかりやすいですよね。
 
保障は小さく、短く
営業マンは絶対に大きく、長い保障を勧めてきます。手っ取り早いので。ですが、時代は変わるし、生活スタイルも変わります。少なく加入して、必要なタイミングで増やしていくのが賢いです。たとえば、独身の方で死亡保障5000万円は必要ないでしょう。家族が増えるにしたがって増やしていけばいいのです。
 
長く付き合える代理店を選ぶ
大手の会社だと、担当営業マンが数年で変わります。たとえば、Aさんという担当営業マンを信頼し、10年間の保険に加入しても、10年間の間に、Aさんはあなたの担当ではなくなるでしょう。また新たな担当営業マンと信頼関係を築かなくてはいけません。無責任ですよね。
 
コールセンターや窓口の対応がいいところを選ぶ
保険に入るときも重要ですが、いざというとき保険金を請求するときの対応も重要だったりします。対応の悪いところだと、保険金を出さない方向に仕向けられたりするケースもあるみたいです。わからないことを聞く際のコールセンターなどの対応にも注目するべきです。試しにコンタクトをとってみたらいいいかも。
 
以上こんな感じで。
あなたの保険選びがうまくいきますように。