読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書き始めて思うこと

ブログ

今思うこと

f:id:highnote4790:20170221234845j:plain

 

 ぼくがブログを書き始めて、だいたい10記事ほど書きました。

ふと思い立ったので、ブログを書き始めてみて思うことを文章にしてみようと思います。

 

ブログを始める前のイメージ

・ブログってなんのために書くんだろう

・ブログネタ考えるの大変そう

・ブログで稼げるってすごい

・文章書くの苦手だから自分には不向きかも

 

 

 

ブログってなんのために書くんだろう

 ぼくがブログを書いてみようと思ったきっかけは、ブログで生計を立てているプロブロガーという人たちがいることを知ったからです。ぼくは以前からサラリーマンとして生きていくことに疑問を感じていて、いつかは独立したいと思ってました。ぼくの理想のワークスタイルは、場所に縛られずPC一台で仕事をすることです。だって毎日わざわざ通勤して、営業先のお客さんに売りたくもない商品を売るとか効率悪すぎでしょ。人間のする仕事じゃない。

 

今の仕事を辞め、将来的にPC一台で仕事をするためにブログを書くという一つの方法があることを知ったからです。

とりあえず始めてみなきゃということで、今に至ります。

 

 

 ブログネタ考えるの大変そう

 始める以前は、ブログネタを探すのが難しそうだと思ってましたが、始めてみるとネタ探しはそれほど難しくないことに気づきました。なぜなら、書くことなんてなんでもいいから

 

ぼくは、ただ普段思っていることを文章で表現するだけなので、ぼくが死なない限りネタはあります。ぼくが普段思っていることを書くだけなので、見たい人は見ててくれればいいし、見たくない人はブラウザを閉じてくれればいいし。

 

ブログで稼げるってすごい 

サラリーマンは嫌だ、転職もしたくない、と思ってネットサーフィンしていたときに、プロブロガーという存在を知ったときには衝撃を受けました。もし、ブログで生計を立てることができて今の給料上回ったりしたら最高じゃないですか。その可能性が少しでもあるなら、やってみるしかない。

 今は記事書いてるだけなので、稼げるかどうかはわかんないです。

文章書くの苦手だから自分には不向きかも 

ぼくは昔から文章を書くことには苦手意識をもってました。でもそれは、「どんな文章を書くか」によって変わってくることがわかりました。例えば読書感想文だったら、好きな本を読んで800字以上で書きなさいとか、大学のレポートだったら、テーマについて2000字以内で書きなさいとかいろいろ制約があるんですよね。

一方でブログは書くべきことが決まっているわけではないので、思ったことをかけばいいので楽です。

文章を書くのが上手くなったわけではないですが、自分の思ったように書くのは楽しい。

 

 

 さらに

書くことによって自分の内面と向き合うことができる

 自分の思いを文章にすると新たな発見があります。こんなこと考えてたんだ、とか。備忘録にもなります。

 

 

 ブログを書く時間を作り出すようになる

 ぼくは今サラリーマンなので、帰宅後にブログを書きます。ブログを書くようになってからは、帰宅後の用事を効率よく済まし、2時間程度はブログと向き合う時間を作るようになりました。

無理にではなく、ブログを書きたいから時間を作るっていう感覚なので苦痛には感じません。