雪国に住んでみてわかったこと

雪国の実態 ぼく調べ

 

f:id:highnote4790:20170303193050j:plain

 

寒いよー。

 

ぼくは現在山陽地方に住んでますが、大学時代は山陰地方の鳥取県に住んでました。最近寒くなってきて、そろそろ雪も降ってるみたいなので、雪国に住んでたときのことでも振り返ってみようと思います。晴れの国から。

 

ぼくの生態として、山陽地方で生まれ育ったこと、クルマ、バイクで走ることが生きがいであるという要素があるのでその辺を考慮してみてやってください。

 

 

雪国の様子

 

・やっぱり寒い

雪が降らない地域と比べて平均気温が低いのでやっぱり寒いです。だいたいいつも氷点下なイメージ。寒いのでどうしても引きこもりがちになる。

 

・常に何か降ってくる

雨、雪、ミゾレ、アラレなど常に空から降ってきます。「弁当忘れても傘忘れるな」という名言があります。たしか傘の消費量も全国一位だったような気がする。カフェのテラスでオシャレにランチなんてできない。

 

・何日も太陽がでない

冬場はずーっと太陽が雲に覆われていて、気分が憂鬱になります。洗濯物も乾きません。洗濯好きには辛いですね。

 

・雪かきという謎のイベントが発生する

雪の降らない地域では必要ない謎のイベント。雪でクルマも出せないし、最悪玄関のドアが開かないなんてことにもなるのでこまめな雪かきは必須。これも辛かった。あと雪って、想像以上に汚いです。

 

・雪対策のための出費がいる

たとえば、スタッドレスタイヤ、チェーン、スコップ、長靴、寒いので防寒着、湿気が多いので加湿器、など。それなりに準備する必要があります。

 

 

やっぱりぼくはもう雪国には住みたくありませんごめんなさい。

山陽地方で生まれ育ったので、雪が降ることがデメリットにしか思えませんでした。だって雪が降らなかったら、スタッドレスタイヤもいらないし、雪かきもしなくていいんですから。(スタッドレスタイヤは雪がなくてもつけたほうがいいですけど)

 

なので個人的に雪国は住む場所ではなくたまに行く場所ぐらいにしておきたいです。

 

 

とはいえ、住んだことがある場所なので、思い入れもあります。

文句ばかり言ってたら申し訳ないんでメリット的なことを少々、

 

 

雪国のメリット的なこと

 

 

・自然が豊か

地形的に海や山が近いので、自然が豊か。海の幸や山の幸、大自然が作りだす景観は街にはない特徴です。海の幸は激ウマです。

 

・雪の運転がうまくなる

雪道の運転には慣れるので、タイヤとチェーンがあればどこへでも行けます。東京で雪降って車がスリップとかいうニュースを見るとバカにしてしまいます。(ごめんなさい)

 

・手軽にウインタースポーツを楽しめる

これは好きな人にはメリットでしょう。スキー場の隣に住んでる友人がいましたが、スノーボードの上手さにはびっくりしました。

 

 

こんなのガチの豪雪地域の人からしたら笑わせんなって感じでしょうけど、

ぼくは雪と友達になることはできませんでした。