ハワイに行ってきて思ったこと

 

 

ハワイに行ってきたので、思ったことを書きなぐります。備忘録的なかんじ。

 

 

 

 

f:id:highnote4790:20170115164357j:plain

 

宿泊ホテル:ハイアットリージェンシーワイキキ

 

初日:ワイキキ周辺散策、モートンズステーキハウスでディナー、タンタラスの丘で夜景

2日目:ワイキキビーチでのんびり、サムズキッチンでテイクアウト、SWATガンクラブで実弾射撃、レイジングクラブで海鮮手づかみ

3日目:レンタカーでドライブ カハラ・モール、サンディービーチ、カイルアタウン、モアナルアガーデンズ

4日目:ショッピング ロイヤルハワイアンセンター、DFS

 

ハワイ行きの飛行機でいかに寝るかが勝負

今回の飛行機はデルタ航空DL278便でした。関西国際空港を20時50分に出発し、約7時間のフライトで、ホノルルには現地時間の朝9時頃に到着しました。日本を夜出発し、朝ホノルルにつくんですが、休めるのはフライト中の数時間程度です。なのでフライト中に休息がとれないと、初日は一日中眠たくて観光どころではないです。結局ぼくは一睡もできず、初日はしんどかったです。

 

日常英会話フレーズを確認すべし

ハワイは日本語が通じるから大丈夫だと思ってましたが、やっぱりハワイはハワイ。日本語が話せる人は話せるし、話せない人は話せません。ホノルルのメジャーな場所では通じることが多いんですが、郊外のレストランなんかにいくと通じないこともあります。日本語とジェスチャーでなんとかなることはなりますが、もっと楽しもうと思うと、英会話力を高めていく必要があると感じました。例えばレストランなんかに行くと、店員さんに「味はどう?」とか聞かれてコミュニケーションをとる機会が日本よりあります。店員と客の距離が日本より近い感じ。レストラン、ホテル、ショップなどで使いそうな英会話フレーズを練習しておくことをオススメします。

 

チップの置き方を確認すべし

ハワイでは、ホテル、レストラン、タクシーなどでサービスを受けた際、チップを渡す習慣があります。なのでレストランに行った際、チップの渡し方がわからず戸惑っていると、食事どころではありません。

 

冷房対策をすべし

日本より冷房の設定温度が低いです。店内、ホテルのロビー、空港、バスの中など冷房が使われている場所では寒さ対策が必要です。半袖Tシャツ一枚で寒いことがあるので、薄手のパーカーなどを用意しましょう。

 

果たして治安はいいのか

ハワイなら大丈夫だよなんて声もききましたが、やっぱり海外。実際に行ってみると、「治安がいいから大丈夫」っていう考えは捨てたほうがいいと感じました。ぼくは実際被害にあったわけではないですが、街を歩いていても大通りからすこし離れた路地を歩くと、なんとなく気味がわるい場所も多くありました。レイジングクラブでトイレを借りた際、トイレのカギを渡されました。ぼくは一瞬、「なんでいちいちトイレ施錠してんの?」と思いましたが、考えてみると危ないから施錠しているってことなんですよね。ホームレスが来るからか、強姦事件が発生するのか、酔っ払いがくるのかわからないですけど。ぼくが日本で施錠しているトイレを見たことがなかったので、驚きました。

 

なんかみんな楽しそう

日本と違って、みんなお気楽に仕事している感じがします。ぼくが旅行者だからそう感じたのか、ぼく自身が仕事を楽しめてないからなのか。レストラン行っても、ゆるそーに仕事しているようにみえます。お客さんいても店員同士でしゃべったり、用がない時はアメフトの試合みたり。これは自分の仕事で、これは自分の仕事じゃない、みたいに割り切っているというか。その反面、サービスが雑な部分もありますが。日本のようにお客様の立場に立ったきめ細かいサービスもいいんですが、もう少しラフな感じでもいいと思うんですよね。

f:id:highnote4790:20170115164406j:plain