読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことをして生活する時代がきた

いいたいこと

 

f:id:highnote4790:20170127204049j:plain

 

お客さん(70代女性、農家)との会話の中に、こんな言葉がありました、

 

「今の若い人は、生活することをおろそかにして、好きなことをしている。」

「まず生活することが第一だ。好きなことをして生活できないのでは意味がない。」

 

 

生活することは大切だ

誰だって生活することは大切で、決して生活をおろそかにしているわけではない。それに生活できないことには好きなこともできない。だた以前と比較すると様々な娯楽が増え、週休二日制やフレックスタイム制のように働き方も多様化し、空いた余暇の時間に自分の好きなことができるようになった。ぼくも平日は夕方まで働くが、休日は日が暮れるまでドライブに出かける。

 

好きなことをして生活するのが第一だ

好きなことをして生活できないのは、好きなことと生活(仕事)を分けて考えるから。好きなことと生活(仕事)を融合し、好きなことで生活していくのが一番いい。一方で、実際に好きなことで生活している人が少ないため、「好きなことをして生活なんてできない」と思っている人が多いように思う。

 

これからは好きなことで生活していく時代だ

YouTuber、ブロガー、フリーランスなど、これまででは考えられないような生活をしている人も増えてきた。失礼だが70歳のおばあちゃんには到底理解できないことだろう。それだけ時代は変わっているということを、お客さんとの会話を通して実感した。

 

 

ぼくも正直なところ、好きなことで生活していくのは難しいというイメージがある。まずはこのイメージを変えるべく、生活の中に自分の好きなことを少しづつ増やすように行動したい。