有給休暇を取りづらい社畜に送る、有給取得の心構え

 

有給とろうよ

f:id:highnote4790:20170211223141j:plain

 

 

ぼくの会社では、年間に20日の有給休暇が与えられ、その年度に取得できなかったものについては翌年度へ繰り越し可能で、最大40日までためることができます。

 

だけど、周りを見渡してみると、有給休暇取得率が極端に低い。

体感だけど、ほとんど取得していないといっても過言ではない。

おまけに余った有給休暇の買い取りもない。

 

そんなの使わなきゃもったいない!

だけど、有給ってなんか取りづらい。 

 

そんな社畜さんに送る、有給を取得する際の心構えを。

 

 

あなたがいなくても仕事は回る

 

有給を取るとき、「私一人抜けたら、周りの人が困るんじゃないか」とか、「私だけ休んでいいのだろうか」などと思っていませんか?

 

そんなことは思う必要ありません。どんだけ自意識過剰なんですか。あなたが1日いなくても地球は回るし仕事も回ります。周りがフォローします。もし、あなた一人が抜けた程度で支障がでる仕事なら、そもそも組織として仕事のやり方を間違えている可能性がありますので、そこから改善しましょう。

 

理由は「私用」でいい

 

「家族が~で、~して。」とか「~に行くので」のようにわざわざ有給取得の理由を詳しく説明する人がいますが、理由なんてどうでもいい。

 

なんで有給取得に理由を付け加える必要があるのか。あなたが有給休暇を使って何をしようが、現場の人間には関係ない。プライベートなことまで会社で共有して誰が得するのか。

 

ぼく「○月○日、私用で休みます」

上司「わかった」

 

これで終わりじゃん。

 

 

「すいません」はいらない

なんで有給という勤労者に与えられた当然の権利を使うのに謝る必要があるのか。なんか悪いことしてるみたいじゃん。

 

あと、休んだ次の日の朝礼で、「昨日はお休みありがとうございました」とか「昨日は勝手をしました」っていうのもやめろ。余計なこと言うヒマがあるならさっさと朝礼切り上げて仕事しろ。

 

 使わなきゃ損

 

だって休んでて、給料もらえるんですよ!?なんで全部消化しないのか。有給を全部消化しようがしまいが、もらえる給料は一緒なんです。残った有給の買い取り制度がある会社ならまだわかりますが、そうでない会社で消化しない理由なんてないでしょ。

 

「有給は病気とかしたときのために取っとくのよ」っていう人も中にはいました。

 が、毎年20日も病気で休んむやつおらんやろ

 

使えるだけ使って、何かあったときはそのとき考える、ぐらいの気持ちでいこう。

 

だれもが気軽に有給を取得できる社会にしたいんです。 

 

 

 

 

さぁ、思い切って明日休んでみよう。