読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長男の役割なんてクソくらえ

f:id:highnote4790:20170211223141j:plain

長男?だからなんなんだよ

みなさんこんにちは。

今日は長男であることについて考えてみようと思います。

 

うちの家族構成は、父、母、ぼく、妹1、妹2の5人家族です。

いわゆる核家族ってやつですかね。そしてぼくは兄弟の中では長男にあたります。

 

普段仕事で、田舎の高齢者のかたと接する機会が多く、ぼくが長男であることについて指摘を受けることがあります。

 

ぼくは現在結婚し、親と同居しているのですが、今後同居する予定はありません

 

長男に期待される役割

家を継ぐ

ぼくは現在結婚を機に両親と別居しているんですが、田舎の長男は両親と同居すべきだという考えがあります。

 

ぼく「今は両親と別居でアパート暮らしなんですよね」

おばあさん「将来は両親と住むんでしょ?」

みたいな。

 

いや、住むとこなんてぼくの自由ですから。

なぜ長男というだけで、住む場所を決められなくてはいけないのか。

自分のマイホームを建ててはいけないのか。

オシャレなマンションに住んではいけないのか。

海外に移住するのもアリだ。

 

親の面倒をみる

なぜか長男が老後の親の面倒をみることになってます。

いや、それ生まれた順番関係ないでしょ。

 

面倒をみる必要があれば、兄弟みんなでみればいいし、

介護職という仕事があり、介護施設がこれだけ普及した今、それを利用しない手はない。長男だからって在宅介護を強制しないでほしい。

 

そんなの関係ねえ

長男だからといって、無理にそのような役割を果たす必要はない。

どのように生きるかは、あなたの自由だ。

 

実際、田舎の家を訪問すると子供は全員県外に出ていて、両親だけで暮らしているという家も多い。家だって、たくさんの人数で住めるような大きな家がほとんどだ。たぶん昔は家を継いで2世帯で住む前提で建ててたんでしょう。

 

それから時代は移り変わり、若者は仕事を求めて家を出ていくようになった。

その結果、今では核家族が全体の60%を占めているらしい。

核家族とは具体的に、以下である。

  1. 夫婦とその未婚の子供
  2. 夫婦のみ
  3. 父親または母親とその未婚の子供

のいずれかからなる家族を指す。日本では核家族世帯が60.5%近くを占める。

「核家族」が日本の家族の形態の中心であることは長い間変わっていない。その内訳は「夫婦のみ」が約20%、「夫婦と子」の形態が約30%、一人親家庭が約8%である[2]

大家族に比較して、転居や住居の改造など居住に関するフレキシビリティーが高く、親類間のプライバシーが維持しやすいが、多人数で同居する大家族と比べて、親子三世代による家事労働や育児、家内労働の分担がしづらくなる。

核家族 - Wikipedia

 

大学進学や仕事を求めて家を出るのが大きな理由なのかもしれない。

個人的にも、住居と家族構成は少ないほどいいと思っている。

 

変化する時代に柔軟に対応していくためだ。

 

サラリーマンしながら、親の面倒なんて正直みれないし、やたらと思入れの深いボロ家に住めと言われたって困る。

 

こんな重荷を、ただその家で一番に生まれたという理由だけで背負わされるのはたまったもんじゃない。

 

 っていう愚痴でした。

どうですか長男のみなさん。

 

今後について

介護できるできないとかどこの家に住むかって、結構その人のワークスタイルに左右されると思うんです。あと、育児とかもね。

だからこそ、これからは時間と場所に左右されない働き方を追求していくべき。