将来就きたい仕事ランキングでサラリーマン志望が一位とか、日本やばいんじゃないの?

 

サラリーマンになりたい!?

 

f:id:highnote4790:20170223112356j:plain

 

 

news.mynavi.jp

f:id:highnote4790:20170223224831j:plain

画像引用:小中学生が将来就きたい仕事ランキング - 男の子の会社員志望が増加 | マイナビニュース

 

 男子・女子の総合ランキングでは、昨年に続き「会社員」(11.8%)が1位となった。次いで「医者」(6.2%)、「パティシエ」(5.8%)、「公務員」(5.6%)、「サッカー選手」(3.7%)と続いている。

 

 小中学生が将来就きたい仕事ランキングにおいて、男女総合でなんと会社員が1位だそうだ。

 

会社員ですよ。あれだ、サラリーマンだ。もっと言うとあれだ、社畜だ。

自ら社畜を選ぶなんて、なんて寂しい世の中なんだ。

 

小中学生のみんな、将来サラリーマンになりたいなんてほんとに思ってるのかい?

心の底からそう思っているのかい?

 

 

 

オジさんはなんかさみしいよ。

みんなのお父さんやお母さんは、楽しそうにサラリーマンしてるかい?

満員電車でもみくちゃにされてないかい?

毎日帰ってくるの遅くないかい?

平日にお父さんの顔見れることあるかい?

土日は遊んでくれるかい?

お金のことで夫婦喧嘩とかしてないかい?

転勤で無理やり転校とかさせられてないかい?

ストレスでハゲ散らかしたりしてないかい?

 

それでも、みんなのために働くお父さんお母さんは、ほんとに偉いと思う。

サラリーマンの一人一人が、社会の一員であることは間違いないから。

こんなわけのわからないことを言っているぼくのほうが社会からハミ出していることは分かってます。 

 

しかし本当になりたくてサラリーマンになる人なんているんだろうか、いやいないだろう

みんななんだかんだ、昔はやりたいことがあって、夢を持って生きていたのに。

 

サラリーマンのみなさん、できることなら今の仕事辞めたいですよね?

だって、「宝くじ3億当たったら、どうする?」って聞くと、みんな

絶対今の仕事辞めるわ!」って言うじゃない!

 

ぼくだって小中学生の頃は、野球選手水泳選手で悩んでたんだから。

結局サラリーマンになったけど。しかたなく。

 

昔は、○○戦隊のヒーローになりたい!とか、仮面ライダーになりたい!とか野球選手になりたいとか言うじゃないですか。

女の子だったら、ケーキ屋さん!とかお花屋さん!って言うじゃないですか。

 

なにがヤバいって、小中学生のときから、いつでもだれでもなれるサラリーマンになりたいと思う状況がヤバいと思うんです。

なりたい職業なんて、小中学生のころから目指してもなれるとは限らないのに

その道のプロを目指すなら、早いほうがいいに決まってる。

 

若い時に夢をもってそれに突き進み、無理だとわかって方向転換するのはいいことだと思うんです。自分に向いているか向いていないかはやってみないとわからないから。

 

将来水泳選手になりたいと思って努力したけど、全国大会に行くことができなかった。だからサラリーマンで生活しています。

なら分かるんです。そういうもんでしょ。

大人になったら分かってくることもある。

 

最初から、サラリーマンですってのはヤバいでしょ。

サラリーマンでも、「ト○タのクルマが好きで、将来はそこに就職してクルマの開発をするんだ」っていう意味であってほしい。

 

やりたいことがない

一方で、将来やりたいことがないっていう人も多いと思うんです。

それはある意味当たり前で、高校卒業までに経験することなんで、せいぜい勉強と部活ぐらいだから。

学校の中でも外でも、もっとたくさんの経験をすべきだと思う。

 

ぼくの中学校の時の職場体験なんて、一つの職場を2日経験しただけですもん。

カーディーラーに行って、ひたすら洗車してました。

 

そんなんで何がわかるよ!?

水垢はコンパウンドで磨けば落ちることぐらいしかわからんかったわ。

(白いMR-Sはぼくが洗車しました。汚くてごめんなさい。)

 

勉強以外にも、もっとリアルな仕事とか、職種に触れる体験を増やすべきだと思う。学校でも。

職場体験なんて世の中のすべての仕事を体験させるべきでしょ!

接客業がぼくに向いていないことをもっと早く知りたかったわ。

 

そりゃ勉強ばっかして、進学校行って国立大学行ったらやりたいことなんて見つかんないですよ。

クソみたいな就職活動のせい

日本の就職活動って、なりたい仕事に就くことが目的ではなくて、なりたい企業に入ることが目的じゃないですか。

 

なんとなく安定している、給料がいい、福利厚生がしっかりしているという理由だけで、とりあえず名前の知っている大企業の面接を手あたり次第受ける。

 

まったく思ってもいない志望理由をペラペラとしゃべり、就活スーツという名の喪服を着用し、同じ髪型をしたほかの連中と比べ、いかに自分はコミュニケーション能力があるかをアピールする。

 

だいたい面接官のあんた、コミュニケーション能力ってなんですの?

説明してくれ。

 

面接の合否なんて、面接官の好き嫌いで100%決まる

それを分かっていながら、面接をクリアしていく人のほうが世渡り上手で賢いんだとは思いますが。

 

ぼくには無理です。

面接なんて、お互い私服着用で、居酒屋で酒飲みながらやるぐらいのほうがいい採用できるんじゃないですか?

就活生だってウソみたいなことしか言ってないんだから。本音を聞くほうが離職率も下がるんじゃないかな。

 

お互いパフォーマンスするのはもうやめにしませんか?

 

大企業入社活動(嘘つき大会)だけではなく、もっとほかにたくさんの道を選べる社会にしよう。たとえば、農業をはじめとする第一次産業なんかがもっと魅力的で盛り上がればいいのにと思います。(第一次産業ディスっちゃいましたごめんなさい)

ぼくが農学部出身なので、農業を一番に思いついたのですが、大学卒業の時点で、就職か、農業で独立か悩むみたいなことってほとんどないですもんね。

漁業ででもいいし、林業でもいい。パン屋でも、料理人でも、youtuberでもなんでもいい。

 

 

だれもが、気軽にサラリーマン以外の選択肢を選べるようにしませんか?

農業やればいいじゃん(苦労するけど)っていうアドバイスをしなくてもいいように。