読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなさん、いつも見てくださってありがとうございますという話

 

ありがとうございます

 

f:id:highnote4790:20170226231855p:plain

 

こんにちは。

ぼくがブログを書き始めて、2か月ぐらいたちました。

 

2016年12月に初めて記事を書き、今現在60記事ほど書きました。

PVは、毎日限りなく0に近い数字です。

みてくださっているかた、本当にありがとうございます

 

コンセプトとしては、どんなにつまらないことでもいいから、自分の体験・考え・妄想を世の中に発信するという感じで書いてます。

いわゆる雑記ですね。

それが広まって、どっかのだれかの役に立つことを日々願ってます。

 

 当然、お金が欲しいという気持ちもあります。

ぼくがブログを継続するモチベーションの一つであることは間違いありません。

 

アクセス数を稼いで、それなりにマネタイズすればブログでお金を稼ぐのは実際に可能だし、稼いでいる人も存在する。そしてぼくが稼ぎたいと思っていることも事実です。

ですが、稼ぐためには圧倒的に多くのPVを集める必要があります。それがすべてです。

 

対して、ぼくのブログは今お金がもらえるほどのPV数ではない。

これも事実。

 

だからお金のことはいったん隅のほうに置いといて、とにかく記事を書きます

よろしくお願いします。

 

 

 

ブログを約2か月間続けて自分に起こった変化

最初は自分の意見や考えを世の中に発信するのは恥ずかしいことだと思ってました。

だけど勇気を出して書いてみることで、アクセスして記事を見てくれる人がいることがわかり、スターをつけてくださったり、読者になってくださったり、ブックマークに登録してもらえたり。どんな形であれ、たった一人でも見てくれている人がいることで、発信することには意味があるんだと気づきました。

 

とにかく発信しようと思うだけで、文章もグダグダだし、読みにくいし、なんの役にもたててないかもしれませんが、ぼくはブログが好きで、これからも続けようと思います。

 

そして、ブログを書くという行動を起こしたことで、自分の中にもう一つ変化があることに気づきました。それは、以前より文章が書けるようになったということ。

上手くなったとは言いません。下手なので。

 

前提として、ぼくはいまクソみたいな文章しか書けてないです。

それはわかってます。

 

わかってますけど、

以前より確実に文章を書くチカラが上がったと感じてます。

具体的には、1000文字以上書くことが苦じゃなくなった。

 

ブログを始めるにあたって、先代のブロガーさんは口をそろえて、

とりあえず1000文字以上書け!ということを言ってました。

 

ぼくは昔から、文章を書くことに苦手意識を持っており、学校のレポートなんかで文字数800字以上書けというふうに何文字以上と指定されるのを苦痛に感じてました。読書感想文とか地獄でしたね。一つの本でそんなに感想あるかよ。

 

そんな状態だったぼくですが、ブログをある程度書き続けることで、

ブログの1000文字に関しては何も考えずに書けるようになりました。

 

自分の好きなことを書くから書けるというのもあるかもしれませんけどね。

自分のなかで起こった、小さな変化。

 

 

こんな感じです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。