読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無計画すぎて奥さんに叱られました

仕事

 

f:id:highnote4790:20170227230748j:plain

 

 

ぼく3月末に仕事辞めるんですが、恥ずかしながら今後のことを全く考えておりません

もうすぐ無職、無収入になるというのに。

 

いまのところ、

ブログ&クラウドソーシングで食っていく

②職業訓練所にいって再就職

かなと思ってます。

 

 

甘すぎですよね。

激甘ですよね。

 

 

今再就職とか言いましたけど、

本音をいうと、もう企業に就職はしたくない。

 

もう一度言います、激甘ですよね。

 

わかってるんです。お前はバカかと。

そうです、バカなんです。

 

だけど4年間会社という組織の中で仕事をしてみて、自分は相当な社会不適合者であるということがわかりました。

もうサラリーマンに戻れる気はしません。

 

週5日出勤することに耐えられません。

電話が鳴り響いている状況に耐えられません。

上司の理不尽に耐えられません。

しょーもない用事でお客さんから呼び出されることに耐えられません。

まわりの人の本音と建て前を理解することができません。

朝礼の必要のなさに腹が立って仕方がないです。

人と協力して仕事をすることができません。

嫌なことからは全力で逃げます。

 

そんなことより、

ブログ書くぞー!

一人で生きていくぞー!

自由になるんだー!

 

 

奥さん「4月からのお金のことはどうすんの?」

ぼく「・・・」

 

 

まったく考えてませんでしたマジで。

 

数か月前に会社をやめるという決断をしていたにも関わらず、仕事はおろかお金のこともまったく考えてませんでした。

 

なにをしてたかといいますと、

現実逃避です。

 

プロブロガーになるという妄想(実績0円)

ランサーズで文章書いて稼ぐ妄想(実績120円)

 

今生活費がいくらかかっているのか

貯金はいくらあるのか

退職金はいくらもらえるのか

国民年金は?

失業保険は?

健康保険は?

次の仕事は?

 

と聞かれ、頭の中が真っ白になりました。(今さら)

 

 

奥さん「甘いんじゃない?」

ぼく「・・・」

 

 

ぼくは極端に心配性な性分であり、

次の仕事が見つからないかもしれない

貯金がなくなるかもしれない

奥さんに愛想つかされるかもしれない

という恐怖から、

ひたすら現実逃避してしました。

 

お金のこと、生活のこと、今後のことをまともに考えもせずにですよ。

よくぞまぁ、こんなクズが無計画で仕事を辞めることを許してくれた。

 

奥さんは今のところぼくをある程度信頼してくれているということだろう。

本当にありがとう。

 

だからこそ、その期待に応えなくてはならない。

 

 

次回予告:退職後のお金のことについて考える