勢いで会社を辞めても、なんとか生活していく方法を模索する

収入がなくなる不安

f:id:highnote4790:20170305224948j:plain

 今の会社でずっと働きたくない。給料は安いし、拘束時間は長いし、人間関係疲れるし。かといって、自分にはこれといったスキルがない。人脈もない。やりたいこともない。

 

このような悩みを抱えている人は多いんじゃないでしょうか。

 

とはいえ会社を辞めると、収入がなくなってしまうのでつらい。サラリーマンの他に収入源がない、多くのフツーの人にとっては。

 

仕事をやめて無収入になっても、生きている限り、健康保険料、国民年金、月々の生活費は払わなくてはならない。たくさん貯金があるひとだって、無職のままその貯金を食いつぶしていけば、いずれ貯金も底をつく。どうにかして、お金を稼がなくてはならない。

 

ぼくの場合、月々の生活費に加え、だいたい社会保険料と国民年金を合わせて約4万円必要だ。どうしましょ。

 

今現在、会社に籍があるはずだが、今後はなくなる。まぁ自分で出ていくんだけども。

サラリーマンなんてクソだ、辞めたる!ってデカい口を叩いたくせに、実際は収入がなくなることが不安でしかたない。頭がおかしくなりそうだ。大好きなビールも美味しくないし、おまけに性欲まで減少気味だ。

こんな状況が続くと、再びサラリーマン生活というドラッグに手を出してしまいそうだ。

 

果たしてためになるかどうかわからないけど、リーマンやめてもなんとかやっていく方法を考えてみようと思う。気休めですね。

 

 

ニート

ニートと呼ぶにはふさわしくないかもしれない。ぼくは運よく結婚できて、妻がいるので、妻に養ってもらうという手ですね。妻に正社員で働いてもらい、ぼくは専業主夫になる。もし子供が生まれたらイクメン専業主夫だ。なんていうと聞こえはいいが、実際はただのクズにすぎない。

なぜなら、ぼくには働けない理由がないから。ぼくは鬱の一歩手前、極度の社会不適合者であるものの、具体的にお医者さんから診断書をもらっているわけではないので、働けない理由はない。

こんな生活を長く続ければ、妻を失うこと間違いなし。

得られるもの:甘え

失うもの:妻

 

フリーター

アルバイトでその日暮らしをする。自分の時間をお金に変える生活スタイル。ぼくの場合、コンビニや飲食店のような接客バイトには100%適性がないので、ストレスで病気になる前にやめておいたほうがいい。アルバイトするなら、物流倉庫や製造のような、接客業以外のものがいいだろう。

得られるもの:わずかなお金

失うもの:時間

 

 ブラック企業に就職

あえてブラック企業といったのは、今すぐぼくを雇ってくれる企業なんてブラック企業しかないことが予想されるからだ。ただ正社員という地位を手に入れるだけなら、たぶん今のぼくには十分可能だ。数か月後に病気になって退職することになるだろうけど。

得られるもの:正社員という地位

失うもの:健康

 

チャレンジ

・業種を変えて、あるいはスキルアップして、ホワイト企業に就職を目指す

・ブログやクラウドソーシングでフリーランスに

・プログラミングとか少し興味あるかも(3月5日現在) 

得られるもの:可能性

失うもの:?

 

プライドが邪魔

ここまでを振り返って思う。やっぱり結局のところ、自分のプライドが高すぎるだけだ。どの道を選ぶとしても、ちっぽけなプライドが邪魔する。

なにもできないのに、自分はできるやつなんだと思っている。収入がないくせに、ニートやフリーターと呼ばれることを恥ずかしいことだと思っている。そもそも会社に勤めてすらいないのに、ブラック企業と呼べる立場に自分はいるのか。

 

死にはしない

たとえ失敗したって、収入がなくったって、今の日本でそう簡単に死ぬことはない、たぶん。誰かが助けてくれるはずだ。そう思うことにしよう。

だからこそ、生きているうちは誰かの役に立とう。

 

 

 

 

またわけのわからない文章を書いてしまった。

最後までお読みいただきありがとうございます。