読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決断すれば、人は応援してくれる

応援の言葉

f:id:highnote4790:20170306220621j:plain

こんにちは。

ぼく、この3月末に会社を辞めます。

それで今、お世話になったお客さんに挨拶まわりをしてるんですが、その途中で気づいたこと、決断すれば、人は応援してくれる

ということ。

 

「若いんだからそういうのもいいね」

「次の仕事も頑張って」

「きっといい仕事が見つかるよ」

 

みなさんこんな言葉でぼくの背中を押してくれます。もちろん、一人の営業とお客さんという間柄なので、その言葉には社交辞令の意味も含まれていることでしょう。

お客さんからしたら、ぼくのことなんてどうでもいいのかもしれない。

 

それにしても、まさかこんなにも応援の言葉をいただけるとは思ってなかった。

 

正直感動してます。

その一言のおかげで、前に進めそう。

 

 

どうして周りの人が応援してくれるのか

それはぼくが辞めるという決断をしたから。

 

もし辞めることに迷いを見せたら、応援してくれる人ばかりではなかったかもしれません。

曖昧なやつを応援しようとは思わない。

 

 

何かを選び何かを捨てれば、必要なものが見えてくる

会社を捨てたことで、周りの人が助けてくれる。今日も友人が、短期バイトの紹介をしてくれました。本当にありがたいことです。

さすがにバイトだけでは食っていけないけど。

 

ずーっと前に読んだイケハヤさんの記事を思い出しました。

サラリーマンやってると気が付かないんですが、いざ独立すると、周囲の人たちがけっこう助けてくれるんですよ。

 引用:「自分にはスキルがないから独立できない」とか考えている人は、永遠にサラリーマン。 : まだ東京で消耗してるの?

 

なんとかなるっしょ。