読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[TSUTAYA図書館」岡山県高梁(たかはし)市立図書館に行ってきたよ

高梁市立図書館

 

岡山県高梁市がJR備中高梁駅隣接の複合施設内に整備していた市図書館が4日、開館した。レンタル大手「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となり、カフェや書店も併設。社交場的な雰囲気で、初日から大勢の来館者でにぎわった。

 新図書館は4階建ての複合施設(延べ床面積約3900平方メートル)内の2~4階(同2250平方メートル)に開設し、旧図書館より2万冊増の12万冊をそろえた。テラス部分を含めて356席あり、カフェで購入した飲み物とともに読書が楽しめる。

 館内は吹き抜け空間で開放感にあふれ、子供専用の紙芝居コーナーや遊具、郷土史コーナーも設置。年間の来館者数は20万人を見込んでいる。

 開館式典で近藤隆則市長は「未来につなぐ図書館として、子供たちの“知”の拠点になれば」とあいさつ。市内の小学4年生、伊達二朗さん(10)は「歴史ものの人気漫画が借りられた。週2回は来たい」と喜んだ。

 CCCが指定管理する公設図書館は全国で4例目。同市では今後、移動図書にも力を入れ、4月から小学校や公共施設の計30カ所を月2回のペースで巡回する。複合施設内の1、2階にはバスセンターや市観光案内所(移転)、テナントも入っている

 「TSUTAYA図書館」全国4館目 岡山・高梁市に開館 カフェや書店併設、地元は期待 - 産経WEST

 

 

 

行ってきたよ

 

f:id:highnote4790:20170308162737j:plain

 

気づいたら駅の裏側?に到着した。人気が少ない。

 

 

f:id:highnote4790:20170308231245j:plain

館内MAP・施設案内 | 高梁市立図書館

 

写真は、赤矢印からの眺めです。クルマで行く人は、R180からR484に入り、駅の南側から攻めましょう。北側の駐車場は台数が少なめです。

 

 

f:id:highnote4790:20170308162731j:plain

備中高梁(びっちゅうたかはし)駅と図書館はつながっており、アクセスは非常に良好。

 

f:id:highnote4790:20170308162724j:plain

 

駅から連絡路を通っての入り口。オープンテラスも併設されていて、開放的。

スターバックスの看板も目立つ位置にありますね。

 

 

f:id:highnote4790:20170308162613j:plain

 

TSUTAYA書店、スターバックスはもちろんのこと、観光案内所や飲食店も併設されていました。

 

図書館内での撮影は基本NGとのことだったので外観だけ。詳しくは足を運んでみてください。解放感あふれる館内で、コーヒー片手に読書を楽しめる素晴らしい空間でしたよ!

 

 

遠過ぎる図書館

今回、ドライブがてら話題の高梁市立図書館にいってきました。

別名、「TSUTAYA図書館」といわれるだけあって、従来の「〇〇市立図書館」の堅苦しさみたいなものがなく、どこかリックスできる空間でした。うまく官と民が融合しているなという印象を受けました。

ただ、観光施設として図書館を利用するかというと、そうではない気がします。ぼくの住んでる岡山市から高梁市は約45キロほど距離があり、クルマで片道約1時間かかった。利用者カードを作って本を借りに行くにも一苦労です。図書館として利用できるのは近くに住む限られた人だけなんじゃないでしょうか。

 

今後、うまく高梁市以外の住民に利用してもらい、観光施設としての図書館の役割を果たすことができなければ、

 

www.kyohei-suzuki.com

この記事で述べられているように、街が貧乏になっちゃうかも。

 

 

 

 

とはいえ、遠くてもまた行きたいと思えるぐらいオシャレな図書館でした。

駅前にあった定食屋も気になるし。

 

 

たぶんまた行きます。