読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業先で出てきた、ちょっと変わったお茶たち

仕事

がんばれ営業さん

 

こんにちは!

春ですねー!

出会いと別れの季節です。

卒業、進学、就職、退職、異動、停滞、皆さんそれぞれあると思います。

 

4月から就職するという人は、もう今からドキドキですよね。

社会人としてうまくやっていけるだろうか。社会って厳しいんだろうか。楽しいんだろうか。

今春休みの人は、しっかりエンジョイしてください!

会社に入ると好き勝手休めなくなるんでね。

 

今回はこれから社会に出て、特に営業職として働く人に向けて、楽しいお話ができたらなと思います。

「4年間営業を経験したぼくがこれまで営業先でいただいた、ちょっと変わったお茶たち」

 いってみようと思います!

 

 

おばあちゃんの歯型がついた明らかに食べかけのカステラ

 

一人暮らしのおばあちゃんの自宅でした。家に上がらせていだたき、とりとめのない世間ばなしをしていた時、ちょっとお茶入れてくるねといってキッチンへ向かったおばあちゃん。

 

はい、よかったら食べてと言っておばあちゃんが出してくれたのがこちらのカステラ。

f:id:highnote4790:20170309111414p:plain

ぼく「(あれ、歯型らしきものがついてるぞ!?)〇〇さんこれ、ぼくがいただいてもいんですか?」

 

おばあちゃん「どうぞ召し上がれ」

 

ぼく「あ、ありがとうございます(さすがに食べたくない)」

 

 

おばあちゃんが奥へ入ったすきに、カバンに入れて持ち帰りました。

 

ごめんなさい。

 

水だしインスタントコーヒー

 

これもとあるおばあちゃん宅でした。真夏の暑い日、家に上がらせていただき、これまた世間話をしていました。

ぼく「今日も暑いですねえ」

おばあちゃん「そうねえ。あ、暑いから飲み物持ってこようか」

ぼく「ありがとうございます。」

 

その家は、リビングからキッチンが見えたので、何を思ったかぼくはおばあちゃんのコーヒーづくりを眺めてました。

 

するとおばあちゃんは、取り出したコップに水道水をいれ、市販のインスタントコーヒーの豆をスプーン一杯入れました。

f:id:highnote4790:20170309113429p:plain

 おばあちゃん「はい、どうぞ召し上がれ」

ぼく、「い、いただきます」

 

豆が全然溶けねえ

 

普通、インスタントコーヒーって熱湯で作るじゃないですか!

それなのにおばあちゃんときたら常温の水道水で作ったんです。

 

これは持って帰るわけにいかなかったので、全部飲み干したんですけど、

くっそマズかったです。

 

皆さんもぜひ嫌いな営業さんにやってみることをオススメします。

 

栄養ドリンク2本分ドリンク

 

これはとある夫婦のご自宅でした。

真夏の暑い日に、お伺いしまして、奥様がドリンクを持ってきてくれました。

これまた作る場面が見えてしまい、奥様はあの栄養ドリンク、タフマンをあろうことか2本分コップに入れました。

f:id:highnote4790:20170309115720p:plain

奥様「どうぞ、召し上がれ」

ぼく「あ、ありがとうございます、いただきます」

 

まあ飲める。市販の栄養ドリンクだし。飲めるけど、

これ、完全に用法容量オーバーじゃん!

 

たいてい栄養ドリンクって、成人一日一本でしょ。

一回で2本とか、タフになりすぎちゃうよ。

 

しかも、2本飲めるほどおいしくないしね。

全部飲んだけどきつかったー。

 

 

 

この後気持ち悪くなったのは言うまでもない・・・。

 

 

 

いかがでしたか?

営業してると、こんなちょっと面白い体験もできるかも。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

大嫌いな営業職という仕事を4年続けて、やっててよかったと感じた瞬間5つを発表 - Weblog