みんな一度は一人暮らしするべき

一人暮らしいいよ

f:id:highnote4790:20170319234237j:plain

 

どうもこんにちは。

奥さんが実家に帰っており、少しの間一人暮らしをしております。

大学生のとき以来の一人暮らしで、なんだか懐かしい感じです。

これから就職や進学、転勤などで一人暮らしを始めるよっていう人もいるんでしょうか。今からドキドキですね!

逆にこれまで一度も一人暮らしをしたことのない人もいますか?

ぼくは、みんな一人暮らしを一度は経験するべきだと思うんです。

 

人はいつか一人になる

家族で支え合って生きていくという考えはもちろん大切です。一人では生きていけないこともわかってます。でも忘れてはならないのが、人間いつか一人になるということです。

今あなたの周りには、たくさんの友人や家族がいることでしょう。

だけどそれはいつまでも続くわけではなくて、いつか一人で生活しなければならない時が来ます。子どもは親元を離れていくし、夫婦でさえも最終的にどちらかが先に死にます。

そうなったときに、メシが作れない、掃除ができないなんて言っている場合ではありません。

仕事よりも何よりも、一人で生活していく力は、一番に身に着けておくべきスキルだと思います。もちろん男女関係なしにね。

 

本当の意味で自立できる

いい大人になって、親に何か言われると、「いちいちうるせーな、ほっといてくれよ」ってなりませんか?

これは自分は自立していると思い込んでいるからこそ出てくる感情です。残念ながら、親と同居している限りは、親になんと言われようと従う以外に方法がありません。

うちは特に厳しくて、ぼくは小学校の時にテレビゲームを買ってもらえなかったり、携帯電話を学生のときに持たせてもらえませんでした。妹は、大学生になっても門限があり、日々親とケンカしてました。

こういう不満みたいなものはどこの家にもあるんだと思いますが、文句があるなら、さっさと家を出ていけということに尽きます。

親に何かを頼っている限りは、親に文句を言える立場にありません。

肉体的にも、精神的にも、金銭的にも、親から離れて初めて一人前になったといえるのではないでしょうか。

 

人のありがたみがわかる

自立して一人で生活するようになると、人のありがたみが分かるようになります。

毎日3食ご飯を作ってくれた母のありがたさ。

夜遅くまで毎日働いて、学費を払ってくれた父のありがたさ。

野菜やコメを作って、食べさせてくれた祖父と祖母のありがたさ。

登下校中にいつも見守ってくれた地域の人のありがたさ。

一人暮らしでは、

毎日3食自分で用意しなくてはいけない。

働いて生活費を稼がないといけない。

スーパーに買い物にいかなくてはいけない。

学生で親の援助を受けてたとしても、一人で生活すればこれくらいのことは十分理解できるし、理解しておくべきだと思います。

 

と、いつもながらまとまりのない文章になりましたが、

一人暮らしするといろいろ勉強になっていいよってことでしたー。